アルプスビューファームズ部奈(信州ふるさとの見える丘認定)

アルプスビュファームズ部奈パンフレット表紙

平成13年から、部奈の特徴である豊かな自然と素晴らしい景色を活かし、訪れた方々に楽しんでいただける「公園のような集落」を目指した活動~アルプスビューファームズ部奈~を進めています。
平成18年には「長野県里山整備利用推進地区」として第1号の認定を、平成27年には「信州ふるさとの見える丘」の認定を受けています。

部奈は天竜川から200メートルほど上がった高台にあり、周囲を山林に囲まれた戸数80戸ほどの小さな集落です。豊かな自然の中に田畑が広がり、季節の花が咲きます。その背景にはいつも中央アルプスがあります。

日本の原風景、そのものの部奈から中央アルプスをご堪能ください。

アルプスビュファームズ部奈パンフレット表面

アルプスビュファームズ部奈パンフレット裏面

~アルプスビューファームズ部奈~のおすすめポイント

部奈展望公園

 天竜川、西岸の集落、中央アルプスを一望でき、伊那谷有数の眺望を楽しめます。

山口公園

 生魂神社、疏水記念碑、揚水記念碑、大堤など水にかかわる史跡です。春には土手に水仙が咲きます。

部奈さとやま自然園

 季節の花木、山野草が咲きます。
 古木の枝垂桜の枝越しに見えるアルプスが人気です。

桃の井城跡

 南北朝時代の古城跡、ここの娘お建が後醍醐天皇の娘、厳子姫に仕え、姫を救うため火あぶりになった伝承が有名です。

縄文遺跡

 縄文の人々が祭祀を行った遺跡が出土し、縄文のお祭り広場として保存されています。

前田諏訪神社伝承センター

 建築様式に則った社殿、ここにも桜の古木が咲きます。
 地区の公民館です、道路に面したところにアルプスビューファームズ部奈の案内板があります。

石仏、石碑、河岸段丘

 才の神をはじめ10カ所ほどに100ほどあります。
 集落は小渋川によって作られた6段ほどの段丘上にあり、伊那谷としては特異な地形が残っています。

地質

 集落の下部から上部へ、基盤岩、下部伊那層、ミソベタ層、上部伊那層、ローム層と全ての地層が露頭しており伊那谷形成の歴史が見られます。

周遊道

 上記ポイントなどを見ながら集落を一周できます。
 約4キロメートルあり案内板が設置されています。

部奈の春

田植えの風景~秋の実り

部奈の冬景色

関連書類

(注意)ダウンロードします。

地図(Googleマップ)

部奈文化伝承センター

この記事に関するお問い合わせ先

産業観光課 観光振興係

〒399-3303
長野県下伊那郡松川町元大島3823
電話番号:0265-36-7027


お問い合わせはこちらから

更新日:2019年03月29日

現在のページ