熱中症の予防について

梅雨明けから連日猛暑が続き、熱中症の危険性が増しており、県内でも熱中症警戒アラートが発令されました。

熱中症アラートは、暑さ指数(WBGT:湿球黒球温度)によって発表されますが、これは気温だけではなく、湿度や風、日差しなどを考慮し、より体感に近い暑さ(体感温度)を表す指標として、以前から使われているものです。

以下の表のとおり、日常生活に関する指針と運動に関する指針を参考にしていただき、屋外・屋内を問わず、諸活動を行う際は熱中症へのリスクを十分に考慮したうえで実施を判断いただきますようお願いします。

また、実施する場合は、通常よりもこまめな休息や水分補給を行うとともに、十分な睡眠とバランスの良い食生活にも心がけましょう。

◆日常生活に関する指針

温度基準(WBGT) 注意すべき生活活動の目安 注意事項
危険 (31℃以上) すべての生活活動でおこる危険性 高齢者においては安静状態でも発生する危険性が大きい。外出はなるべく避け、涼しい室内に移動する
厳重警戒 (28~31℃) すべての生活活動でおこる危険性

外出時は炎天下を避け、室内では室温の上昇に注意する

警戒 (25~28℃)

中等度以上の生活活動でおこる危険性 運動や激しい作業をする際は、定期的に休息を取り入れる
注意 (25℃未満) 強い生活活動でおこる危険性 一般に危険性は少ないが激しい運動や重労働時には発生する危険性がある

◆運動に関する指針

気温

(参考)

暑さ指数

(WBGT)

熱中症予防運動指針
35℃以上 31℃以上 運動は原則中止(特に子どもの場合には中止すべき)
31~35℃ 28~31℃ 熱中症の危険性が高いので、激しい運動や持久走などが上昇しやすい運動は避ける。10~20分おきに休息をとり水分・塩分の補給を行う。暑さに弱い人は運動を軽減または中止
28~31℃ 25~28℃ 熱中症の危険が増すので、積極的に休憩をとり適宜、水分・塩分を補給する。激しい運動では、30分おきくらいに休憩をとる
24~28℃ 21~25℃ 熱中症による死亡事故が発生する可能性がある。熱中症の兆候に注意するとともに、運動の合間に積極的に水分・塩分を補給する
24℃未満 21℃未満 通常は熱中症の危険は小さいが、適宜水分・塩分の補給は必要。マラソンなどではこの条件でも熱中症が発生するので注意

 

更新日:2020年08月13日

現在のページ